*Every day☆Lover*

アクセスカウンタ

zoom RSS じいちゃん。ありがとう。大好きだよ・・・。最後ぐらい、一人で居ないで。せめて、ばあちゃんと一緒に居て

<<   作成日時 : 2008/02/12 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大好きだった、じいちゃんが。
一ヶ月ほど前に逝去しました。
最初、病院からの電話じゃなくて別な人からの電話だと思ってた。
でも。電話を受け取ったお父さんたちの様子は変だった。
茶の間に「どうしたの?」って聞きにいったら。

「さゆり、じいちゃんの心臓停まったって・・・」
「うそ。」
「うそじゃなくて、ホント」
「え・・・え?」
「病院いかなきゃ・・・さゆりも、いくか?」
「いい・・・お母さんに連絡、したほういい、よね?」
「うん」

そこで会話切って、急いで二階いってお母さんに電話して。
そんときすでに、泣いてて。
お母さんに「何?」って聞かれた。

「じいちゃんの心臓停まったって・・・」
「うそ!?お母さん、病院行くから!」
「うん・・・」

お姉ちゃんには、電話しなかった。
だって、じいちゃんは助かるって信じてたから。
そしたら、電話かかってきてお母さん。

「病院ついたんだけど・・・誰も、いなくて・・・今、どこ?」
「私は家・・・お父さんとばあちゃんがそっちに向かってる」
「わかった。・・・お姉ちゃんに電話、した?」
「・・・してない・・・したほう・・・いいよね。」
「うん・・・じゃあね?」

それから、お姉ちゃんに電話して。

「じいちゃんの心臓停まったって・・・」
「うそ!どこにいけばいいの?」
「病院・・・」
「わかった」

それからは、たえきれなかった。

うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

はんば、発狂しなから泣いてた。
うそだよね。うそだよね。
そのうち、電話きて「じいちゃんは、大丈夫だよ」っていってくれるよね。
だから、ねぇ。
電話頂戴よ。

しばらくして、親戚のおばちゃんから電話きて。

「さゆりちゃん?じいちゃんのこと聞いた?」
「ハイ・・・停まったってだけ」
「・・・それ以外は?」
「聞いてません、なんにも。助かったっても!!!」
「おばちゃん、今からそっち行くからね。待っててね。」
「はい・・・」

誰も、こないんですよ。待ってても。
でも、ね。

お姉ちゃんが、きてくれた。

その瞬間わかったよ。
「ああ、だめだったんだなぁ。」
でも、心の中では信じ切れてない。
助かったからだよね?病院じゃなくて、家に来たの。

助かったからだよね・・・?

それからは、近所の人がいっぱいきて・・・片付け。
しばらくして、車の音。

下から聞こえる。お姉ちゃんの声。
わかってる。わかってるよ。
みてたから・・・じいちゃんでしょう?

涙がとまらないよ。悲しくて悲しくて。
布団に横たえられたじいちゃんの体。
どうして、北に向けるの?
どうして・・・わかるんだろうねぇ。
ばあちゃんは、強いな。って思った。
だってね。一番悲しいのばあちゃんなのに。
我慢してる。強いね、ばばさま。

お姉ちゃんと一緒にみたじいさま以外私はお葬式の日までみれなかった。

お葬式の日にちゃんとみました。
じじさまの・・・顔。
眠ってるね。眠ってるだけだね。
じじさま、忘れ物ありますか?
お花今からじじさまのそばに置くからね。
なにか、あったら言ってね。
大丈夫、今度から3年生だから家に早く帰れるよ。
家は私が守るよ。

じじさま・・・ありがとう。
じじさまとかとのことがある記事を数えてみた。
そしたら、こんなの発見。

空を見上げて 星をみつける。 「どうか 君の星が消えないように」 小さく 小さく呟いた。

親戚の人から、じいちゃんのことについていっぱい電話がかかってきます。
ばあちゃんは、じいちゃんのこと頑張って説明してます。

「俺、もう死ぬんじゃねぇがや」って、じいちゃん言ってた。
でも、大丈夫だよ。きっと。

ばあちゃんのそういったときの顔、すっごく悲しそうだった。
じいちゃん・・嘘でもそんなこと言っちゃだめだよ。
ばあちゃん、めっちゃ悲しんでるよ。
ほら、笑わせなきゃ。
いつまでも、LOVE×2夫婦なんだから。

じいちゃんの星が消えませんように。




今だに涙がでてきます。
なんでだろうねぇ?一ヵ月たつから?それとも・・・別れのときが近いから?
暗いところにいると、自然と思い出す。じじ様との記憶。
ピアノに送ってくれた。学校に迎えにきてくれた。一緒に買い物行った。ご飯食
べた。お話聞いた。。。分かってるよ、あんまり悲しんじゃいけないことぐらい。
でもね。
涙がね。でてくるんだよ。茶の間に行って、じじ様の席みて。やっぱ
り誰も居ない。不思議だよ。なんかね、じじ様がねそこにいて「何したんだ?」
って聞いてきそうな気がする。聞かれないから。
どうしようもないぐらい悲しくなる。

そして。今度は。愛犬のチコちゃんも逝ってしまいました。
じじさまのところに行ったんだね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
じいちゃん。ありがとう。大好きだよ・・・。最後ぐらい、一人で居ないで。せめて、ばあちゃんと一緒に居て *Every day☆Lover*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる